卒塔婆とは|大阪の霊園.com

資料請求リストに追加した霊園・墓地0

    現在リストに登録された霊園・墓地はありません。

×閉じる

卒塔婆

卒塔婆(塔婆)は死者の供養のために建てられるものでお墓の後方に1~2mくらいの細長い板のことをいいます。

仏教の世界観をあらわす

お墓参りに行くと、お墓の後方に1~2mくらいの細長い板を見ることがあります。これが卒塔婆(塔婆ともいいます)です。
卒塔婆には、墨で戒名とそれぞれの宗派の聖句あるいは梵字などが書かれています。死者の供養のため建てるものですが、浄土真宗のように卒塔婆を建てない習慣の宗派もあります。
卒塔婆はもともと、古代インドの言葉でストゥーパという言葉を、音訳したものです。ストゥーパとは、仏塔とも訳され、お釈迦さまの遺骨を納めた塔のことをいいます、お釈迦さまが入滅すると、遺骨が8つに分けられ、8つの国に遺骨を安置するための塔が建てられたのです。後には、お釈迦さまだけではなく、高僧が亡くなってもストゥーパを建てるようになりました。
ストゥーパはもともとお椀を伏せたようなかたちをしていましたが、時代をおって変化し、また仏教が中国を通って日本にくる間に、色々なかたちに変化しました。
日本のお寺でよく見ることのできる五重塔ももとをたどればストゥーパですし、五輪塔(別図参照)ももとをたどればストゥーパです。
卒塔婆は、五輪塔のかたちがもとになってできました。このかたちには、仏教の世界観が表現されています。一番下の四角形は「地」をあらわしています。その上の円形は「水」を、その上の三角形は「火」を、その上の半円形は「風」をあらわしています。そして一番上の宝珠型は「空」をあらわしています。 仏教は地水火風空の5つの要素が、この世界を構成していると考えているのです。そして人間もこの5つの要素によって、生かされていると考えているのです。

死者の供養のために建てられる

現在、卒塔婆は死者の供養のために建てられます。お墓は「○○家」と刻まれており、先祖代々の供養のために建てられるものですが、卒塔婆には死者の戒名が書かれ、個人個人の供養のために建てられます。
お盆やお彼岸、年忌法要のとき、お寺から「卒塔婆を建てて供養しておきますよ」と言われることがあります。また、用事があって法事に行けない時に、「卒塔婆を建てておいてください」と住職に電話することも多いようです。
こうした時は、故人を供養するいい機会です。できるだけ卒塔婆供養をお願いしたほうがいいでしょう。また、その時には必ずお寺に、供養料を納めてください。大きさによって供養料が決められているお寺が多いようです。
また卒塔婆は法要のたびに建てるので、一定期間が過ぎると、卒塔婆だらけになったり、卒塔婆が古くてぼろぼろになったまま放置されているということがあります。こうした場合、寺院墓地の場合はお寺に処分してもらうようお願いし、霊園の場合は霊園事務所に相談するとよいでしょう。